信長協奏曲
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

nobunaga.jpg

監督:松山博昭
出演:小栗旬、柴咲コウ、向井理
藤ヶ谷太輔、水原希子、古田新太
濱田 岳、髙嶋政宏、山田孝之
でんでん、勝矢、阪田マサノブ
阿部進之介、北村匠海

戦国時代にタイムスリップした高校生・サブロー(小栗旬)は、
奇しくも同じ顔をした織田信長(小栗二役)と出会い、信長として生きることになってしまう。
はじめは逃げ腰だったサブローであったが、戦の惨状を目の当たりにするにつけ、
織田信長として生きる覚悟を決め、戦のない世をつくろうと思い始める。
歴史音痴のサブローは、史実を知らないまま、桶狭間、上洛、金ヶ崎、浅井朝倉との戦い……
と歴史通りのことを成して、ついに安土城を完成させた。
これで天下統一も間近と思った矢先、
ふと手にした歴史の教科書で自分(=織田信長)がもうすぐ死ぬ運命にあることを知る。
信長を狙う敵は多い。彼を怨んで暗殺の機を窺う秀吉(山田孝之)や、
彼に嫉妬する本物の信長・明智光秀(小栗旬)も虎視眈々と彼の寝首をかこうと狙っていた。
光秀は、自ら信長の座を手放したにも関わらず、恒興(向井理)をはじめとする家臣の信頼や
妻・帰蝶(柴咲コウ)の愛を勝ち得ているサブローに憎しみを抱くようになっていたのだ。
死が迫りくる中、信長は運命に抗い、生き抜こうと決意。
その思いの表
れとして、帰蝶との結婚式を企画する。
その場所は京都・本能寺。それを知った秀吉は、
光秀に本能寺で信長を討つことを提案するのだった…。
刻一刻と戦況は激しくなっていく。信長は歴史を変え、平和な国を築くことができるのか!?
1582年、本能寺で彼を待ち受けるものとは…?



ドラマからずっと観ていたからやっと映画で完結してスッキリした。
観る前から我慢できずにネタバレを見てしまっていたために、
感動は半減しちゃったものの、やっぱり素晴らしい作品だったなぁって思います。
歴史は今となっては真実は誰にもわからないし、こうだったかもしれないっていう
話としては、こんなストーリーもあって全然いいと思うし、
もちろん昔の人達が、結婚式とかデートとか、指輪のこととかすぐに受け入れられる
柔軟な頭をしていたのかっていったら、やっぱりそこは原作が漫画だって思うんだけど
そんなちっさなことはどうでもよくて(帰蝶が普通にスマホにビデオレターを残して
スマホからメモリーカードだけを抜いて河童の外人さんに託してたっていうのとか!w)
とにかく時代は繋がってるんだよってことでとても素敵だったと思う。
サブローは戦争のない世の中がくることを知ってるわけだけど、
争いは何も生まなくて、沢山の人が傷ついてきた。
でもそれが昔は当たり前の世の中で、結局サブローも自分ではそうしたくないけど
いつの間にか自分が信長とリンクしていて、歴史は変わってないっていうね。
無意識に歴史の通りに生きてるところはやっぱりサブローは信長に瓜二つっていうだけでなく
サブロー自身が信長の生まれ変わりだったのかも。

タイムスリップした人たちの共通点はわかんないけど、
タイムスリップした人たちは、殺された時点で現代に戻ってきたんだろうな。

戦乱の中、きっと信長だって、サブローのように、
戦のない世の中がきてほしいって思っていたかもしれない。

秀吉が信長を恨む理由はドラマでもちょっと出てきてたけど
映画では真実がはっきりして、ただやみくもに信長を恨んで生きてきてて
そんな人はきっとあの時代には五万といたんだろうけど切なかった・・・。

この作品は主役の小栗旬をはじめ、脇役の俳優さんたちも
とても豪華でほんと好きでした。
劇中の音楽もすごく素敵だし。
素敵な作品を本当にありがとうございました♪
ミスチルの「足音」も映画の内容と合っててすごく好き。
トラックバックURL http://slowlyxxx.blog89.fc2.com/tb.php/923-6fc6e0bb
コメントを見る コメントを書く トラックバック