MiLK JAM.

ARTICLE PAGE

-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
18 2016

龍三と七人の子分たち



監督:北野武
出演:藤 竜也/近藤正臣
中尾 彬/品川 徹/樋浦 勉/伊藤幸純/吉澤 健/小野寺 昭
安田 顕/矢島健一/下條アトム/勝村政信/萬田久子/ビートたけし

70歳の高橋龍三は、引退した元ヤクザ。
“鬼の龍三”と畏れ慕われた時代はもはや過去のもの。
現在は家族にも相手にされず、社会にも居場所がなく、
息子の家に肩身の狭い思いで身を寄せながら、
「義理も人情もありゃしねぇ」と世知辛い世の中を嘆いている。
ある日、オレオレ詐欺に引っかかったことをきっかけに、
元暴走族の京浜連合と因縁めいた関係になった龍三は、
「若いヤツらに勝手な真似はさせられねぇ」と、
昔の仲間に招集をかける。
集まったのは、プルプルと震える手で拳銃を構えるジジイ、
足下がおぼつかないジジイ、未だに特攻隊気分のジジイなど7人。
どうせ先は長くないのだからと盛り上がった龍三たちは
勢いで「一龍会」を結成し、京浜連合のやることをことごとく邪魔しまくる。
当然、京浜連合のチンピラたちは、
調子に乗り始めたジジイたちを疎ましく思うようになる。
そして一龍会vs.京浜連合の対立は、
龍三や子分の家族を巻き込んだ一大騒動へと発展する……!


北野武監督。
・・・めっちゃ遊んでる作品だと思う。
こういう映画は本当に大好きなんだなと思える。
年老いてるからこそ色々めんどくさいし、
人生経験を重ねてるからこそ面白い。
色々レビューを観てると、あんまりいい感想がなかったですが
あたしはこういうの大好きでお腹抱えて笑ってしまいました。
文学的な作品の北野監督よりも「アウトレイジ」
とかみたいな北野監督の作品が好きです。
スポンサーサイト

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。