MiLK JAM.

ARTICLE PAGE

-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
13 2007

千の風になって ドラマスペシャル「はだしのゲン」

「はだしのゲン」といえば、
小学校の頃、学校の図書室にあって、
見たことがありました。
多分全部は見たことないんだけど、
原爆が落とされ、被爆したひとが大やけどをおって
ケロイドになってる場面がすごく印象に残ってて
子供の頃恐かった記憶が強いです。

それから多分学校の行事とかで
「はだしのゲン」のアニメを見たような記憶もあります。
それもすごく恐かった。


今回初めてドラマ化されるということで
ゲンの役の子はオーディションで決まった子だったそうですね。

ほんとに明るくて元気で、強くて優しい。
ゲンにピッタリだったと思います。

お父さんの中井貴一さんもすごくよかった。
厳しいけど子供のことをちゃんと信じてて
心から家族を愛してる。
強くて優しくて、父親ってこうだっていう理想の人。

お母さんも身重の体で
家族を子供たちを守り、子供を産み、
すごく強い人だなぁって思いました。

そして何より子供たちが強いのが印象的でした。
ゲンもおねえちゃんも、弟も、みんなすごく強い。
非国民の子供だっていじめられても
めげずに笑って頑張ってる姿を見て
何度も何度も泣いちゃいました。

そして弟・進次くんの役の子が
とにかく可愛すぎて、もう思わずぎゅーってしたくなるくらい
愛しいなぁって・・・。

本当になんのための戦争だったのか。
みんなが傷ついて、傷ついて・・・。
このドラマを見て、もう2度と同じことを繰り返してほしくないって思いました。

戦争を本当に経験した人たちも
いずれはいなくなってしまうでしょう。
その時には、きっとみんなは「こういう話があったよ」
って、ほんとにまるで小説を読んでるかのような
気持ちで聞いてしまうんだろうな。
あたしも実際こういうドラマや話を聞いても
実際に戦争を経験してないから、全部をリアルに
受け止めたりするのはなかなか難しいです。
これは経験したひとにしかやっぱりわからないことなんだろうと思います。

自分を含めて平和ボケしてしまってる世の中で
これから先のことを考えるとやっぱり不安を感じてしまう今日この頃です。。。

でも同じ間違いだけは犯してほしくない。
戦争なんて、傷つけあうだけで
あっちゃいけないものだと思います。



「はだしのゲン」公式サイト
http://www.fujitv.co.jp/gen/index.html
スポンサーサイト

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。