MiLK JAM.

ARTICLE PAGE

-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
25 2013

理想の出産 [DVD]

理想の出産 [DVD]理想の出産 [DVD]
(2013/05/24)
ルイーズ・ブルゴワン、ピオ・マルマイ 他

商品詳細を見る


"出産と育児の理想の現実"世界初のマタニティ・シネマ
"結婚""妊娠""出産""育児"女性にとって本当に幸せなことなの?

愛する人の子供を授かった!
妊娠したら母性は目覚め、出産後は赤ちゃんとの楽しい生活が始まるもの・・・。
そんな幻想を抱いて飛び込んだ新生活は、戸惑いの連続だった・・・。





愛する人との子供を授かり、
幸せいっぱいな気持ちのバルバラ。
でもいろんな現実を突きつけられ、すべてが楽しいことや
幸せなことばかりではないことを知る・・・。

妊娠中って、ほんとお腹の赤ちゃんにまるで支配されるかのように、
自分の趣味趣向も変わっちゃって、
普段眠くないはずの時間に眠くなったり、
これしか食べたくない!っていうものが出てきたりして、
ほんと不思議なんですよね。
知らないだれかが自分の中にいるって、ほんと不思議なこと。
女性だけがそうやって自分のお腹の中で命を育てられるって、
幸せなことだけど、戸惑うこともたくさんだし、不安だらけ・・・。
うらはらにどんどん大きくなるお腹に、時間関係なく動く赤ちゃんに
眠れなくなったりして・・・。
不思議と普段なんでもない言葉でも、急に傷ついちゃったりもする。
赤ちゃんがいる十月十日って、ほんと赤ちゃんと共存してるって気がする。

出産っていう大仕事の後は、子育てっていう戦いもある。
女の人はいつも戦ってる気がしました。
一生懸命になっちゃって、周りが見えなくなっちゃって、
完璧にしなくちゃって思えば思えば思うほど、空回り・・・。

どのバルバラも共感できるし、同じことを経験してきたから
なんだかところどころで涙が・・・。
あたしの場合は手抜きばかりの子育てでしたが・・・^^;
子供がいて、夫婦円満。
それが一番幸せなことだけど、付き合ってる頃は夢ばかり見て、
幸せで、楽しくて。
結婚して子供ができれば、それは生活が一番になってくるから、
「現実」ばかりの毎日になっちゃう・・・。
男と女っていう関係も、家族になると少し変わってきちゃったりしてね。
でもいろいろ悩みながら、乗り越えたら、お互いの信頼も生まれるし、
また愛情も深まるものだと思います。

陣痛を経験してないあたしにとっては、
やっぱり正直普通分娩での出産は憧れるところです・・・。
帝王切開が出産ではないなんて思ってないし、それは偏見だと思う。
でもやっぱり陣痛を経験して、下から子供を産みたかった・・・って
この映画を観てなんか思ってしまいました。

子供を産んだら終わり、っていう感じの映画かと思ってたら、
その後の子育てや夫婦間のいろいろもあって、
すごく見ごたえがあって素敵な作品だと思いました。
おすすめです。


スポンサーサイト

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。