MiLK JAM.

ARTICLE PAGE

-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
08 2012

ディヴァイド [DVD]


ディヴァイド [DVD]ディヴァイド [DVD]
(2012/11/07)
ローレン・ジャーマン、マイケル・ビーン 他

商品詳細を見る


アパートメントの地下シェルターに逃げ込むことに成功したのは僅か9人の男女。
シェルターの所有者ミッキー(マイケル・ビーン)を中心に、
婚約したばかりのカップル、ルームシェアをする若い男性グループ、
老練な黒人、11歳の娘とその母親といった面々だ。地上で起きるさらなる爆発、
そして地上の建造物の崩壊していく音が響き渡る。
何が起きたのか全く状況が掴めぬまま、9人はこのシェルターにしばらく留まることを決意するが、
僅かな食糧、価値観の相違、他者への不信感に悩まされ、緊張の日々が続く。
それは“他人"の脅威が止むことのない極限状況―。
そんなあるとき突然、防護服に身を包んだ人間がシェルターの扉をこじ開け、彼らに襲いかかる。
一旦は退けるが、11歳の娘ウェンディは連れ去られてしまった。
彼らはいったい何者で、その狙いは何なのか?
地下シェルターは逃げ場のない憎悪と非常が渦巻く、魑魅魍魎の地へと変貌を遂げていく。
彼ら9人は果たして地上世界へ生還することができるのだろうか―。

最初の爆発って、結局なんで起きたのか、
あまりに唐突に始まったので、よくわからないし、
謎だらけの映画でした^^;
捕らえられた子供に一体なんの実験をしてたのかとか、
謎ばかりの映画でした^^;

極限の中の人間関係の怖さっていうのは
よく伝わってきたし、実際ああなると、
誰かが支配しようして、それに従ってしまう人もいるし、
本当にあんなことがあったら怖いなって思いましたが・・・。

目を覆うような気持ち悪いシーンもあったり、
いろんな意味でR15の作品ですね。

そういえば、キャスティング見てわかったけど、
ミッキーっていう人の役はマイケル・ビーンだったんだ!
若い頃の記憶しかなかったけど、久しぶりに見たら
すっかり年とってて気づかなかった!!!


スポンサーサイト

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。