MiLK JAM.

ARTICLE PAGE

-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
06 2012

ヒミズ コレクターズ・エディション [DVD]

ヒミズ コレクターズ・エディション [DVD]ヒミズ コレクターズ・エディション [DVD]
(2012/07/03)
染谷将太、二階堂ふみ 他

商品詳細を見る


住田祐一、茶沢景子、「ふつうの未来」を夢見る15歳。
だが、そんな2人の日常は、ある“事件"をきっかけに一変。
衝動的に父親を殺してしまった住田は、
そこからの人生を「オマケ人生」と名付け、
世間の害悪となる`悪党'を殺していこうと決めた。
自ら未来を捨てることを選んだ住田に、茶沢は再び光を見せられるのか ──。

園子温監督の作品。
被災のこと、通り魔殺人・・・
タイムリーなことが満載の問題作。

観てて胸が苦しくなった。
こんなにも親に必要とされていない子供がいるなんて、
正直ショックすぎる。。。

でも、本当に孤独なんかじゃなくて、
周りの人がいつも住田のことを見守ってくれてて。
それにしても切ないっていうか全力で苦しい話でした。
しばらく後を引きそう・・・・・・。

染谷将太くんは、「アントキノイノチ」とかでも、
ちょっと変わった役を演じてたけど、
今回の難しい役、よく演じきったなぁって思いました。
あの無表情だけど、悲しい瞳を見てると、胸が張り裂けそうになって。
二階堂ふみちゃんも、不思議なんだけど、まっすぐで、
自分も親に酷い目に遭わされてるのに、そんなところぜんぜん見せないで
住田を助けようとしてる姿が印象的でした。
っていうか多分景子にとって、住田の存在が希望だったんだろうなって。
宮崎あおいちゃんに少し似てる気がしました(顔が)。

園子温監督の作品は、いつも強烈で、ほんとにリアルで生々しい。
でも、激しい中にも、綺麗だったり、儚かったり、
すごくいろんな感情が映像に出ていて、本当に好きです。

「冷たい熱帯魚」に出てたメンバー勢ぞろいでちょっと最初びっくりしちゃいましたがw
細かい脇役にも実はすごく豪華な俳優さんが出ていて、1分1秒も見逃せない感じでした。

でも、死だけじゃなくて、
少しは明るいのかもしれない希望がもてる、
そんな作品でした。

住田、がんばれ!!!!!!!!
スポンサーサイト

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。