MiLK JAM.

ARTICLE PAGE

-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
02 2012

天国への引越し屋

アントキノイノチ DVD プレミアム・エディション [DVD]アントキノイノチ DVD プレミアム・エディション [DVD]
(2012/05/25)
岡田将生、榮倉奈々 他

商品詳細を見る


ある日、佐相(原田泰造)は、クーパーズという遺品整理の会社で働くことになった。
遺品整理とは遺族に代わって故人の部屋を片付ける仕事だ。
数日後、社長の古田(鶴見唇吾)と共に遺品整理を依頼された家に向かった。
依頼主の花田(茅島成美)は絶縁状態のまま孤独死した兄とは関わりたくないから
金目のもの以外は全て処分して欲しいという。

家の中に入るとそこはモノに溢れ足の踏み場もない。
初めて嗅ぐ悪臭と人型にシミが残る布団。佐相は耐え切れず外に逃げ出してしまう。
見かねた古田は会社のチラシを配ってくるよう促す。
そして近くのマンションでチラシを投函していた佐相は
華やかな衣装に身を包んだ瞳(佐藤江梨子)とすれ違う。
数時間後、遺品整理に戻っていた佐相はその瞳から
遺品整理は本人でも依頼できるのかと声をかけられた。
唐突な質問に佐相は思わず自殺を考えているのかと問い返してしまう。

瞳は20代にしてファッション雑誌の副編集長まで上り詰めた。
後輩からは完璧だと尊敬されているが、実は長年付き合った彼とは結婚直前に別れ、
親からは早く結婚しろと迫られ、上司からは希望しない部署への配置転換を宣告されていた。
自分の居場所がどこにもない。何を目標に生きていけばいいのかわからない…。
彼女の心を反映してか自宅はゴミで溢れていた。

その夜、初仕事を終えた佐相は古田と飲んでいた。
そして尋常ではない体験をしたはずが楽な現場だったと言われて絶句する。
一方の古田は居酒屋のアルバイト・ゆき(榮倉奈々)にちょっかいを出しつつ、
死生観や偶然会っただけの瞳に関する勝手な想像など取り止めのない会話を続ける。
翌日以降も遺品整理は続き、佐相は故人に対する遺族の冷たい態度に違和感を覚える。
リストラされ収入もなくただただ生きていくためにこの会社を選んだのに、
日々過酷な条件での労働が続き“生と死”について否応なしに考えさせられてしまう。
その影響もあり、瞳の言動も気になって仕方がない。
何とかしたいと彼女に接触を試みるが冷たくあしらわれてしまう。
しかし、どんなに拒絶されても佐相は不器用ながら干渉していく。


「アントキノイノチ」のサイドストーリーで、
ドラマになってたみたいですが、見逃してたので借りてきました。
映画を観てからの方が、いろんな背景が見えてよかったと思います。
何事もない感じで仕事をしていた佐相さんも、
クーパーズに入った時は、初めての経験で、いろんな葛藤があったんだということ、
どうしてクーパーズに入ったのか、とか、いろいろわかって、
より本編を楽しめます。

古田さんの震災の話は泣いてしまいました。
亡くなった人の生きていた証を、大切にするお仕事。
すごく大変そうで、でもなくてはならないお仕事なのかもしれない。
自分ももしかしたらお世話になるのかもしれないなぁ・・・
なんて思いながら観ました。

生きてる限り、生と死は背中合わせ。
ですね。


スポンサーサイト

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。