MiLK JAM.

ARTICLE PAGE

-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
07 2011

チャットルーム

チャットルーム [DVD]チャットルーム [DVD]
(2011/06/03)
アーロン・ジョンソン、イモージェン・プーツ 他

商品詳細を見る


ウィリアム(アーロン・ジョンソン)は家族との折り合いも悪く、
一人でインターネットの世界に没頭していた。
彼はネットを通じてジム(マシュー・ビアード)やエヴァ(イモージェン・プーツ)、
エミリー(ハンナ・マリー)やモー(ダニエル・カルーヤ)と知り合い、
自分のチャットルームで彼らと頻繁に連絡を取るようになる。
ある日、ジムが自分はうつ病だと告白し、自殺映像を見る趣味があるウィリアムは、
彼を自殺に追い込もうと画策する。
「リング」の中田秀夫監督が、
イギリスに活動の場を移して作った作品。



一昔前、チャットを結構やってた時期もあったし、
ネットを今でもよくするので、
リアルに感じるけど、どんな人かわからない人と文字で会話するのは
本当に怖いことだなぁって思います。
今はチャットよりTwitterでやりとりがメインですが、
チャットと違うところは、会話というより発信で、
一方通行でも良いところがTwitter。
チャットは誰かと会話したくて利用するもの。
でも、相手がどんな人かもわからないし、
本当に本人がいうように男性か、女性かもわからないから
安易に自分の事や写真、情報を教えるのは危険ですよね。

この映画はそういうネット社会の怖いところを写しだした作品。
味方だと思ってた人が実は自分を追い込んでたっていうもの。
この映画みたいに、実際にチャットルームのメンバーが会うってことも
ないとはいえないし・・・。
でも世の中のトラブルって、ほぼ私怨的なものが多いと思う。
ウィリアムみたいに人を傷つけようとして色々策略する人も
中にはいるだろうし・・・。
ネット世界の怖い世界を映し出した心理サスペンスでした。

映像は好きな感じだったけど、
ラストは意外とあっけない感じもしました^^;
スポンサーサイト

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。