MiLK JAM.

ARTICLE PAGE

-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
11 2011

雷桜

雷桜 スタンダード・エディション [DVD]雷桜 スタンダード・エディション [DVD]
(2011/05/04)
岡田将生、蒼井 優 他

商品詳細を見る


将軍家に生まれた男・斉道。
山奥に棲む女・雷。
それは、決して出会うはずのない二人だった。

徳川家に生まれた斉道(岡田将生)は、孤独で退屈な日々を送っていた。
ある晩、家臣の瀬田助次郎(小出恵介)が眠れぬ斉道に言った。
「私の故郷・瀬田村の山には天狗がおります…」
助次郎の話に興味を持った斉道は、瀬田村へ向かう。

瀬田山で生まれ育った雷(蒼井優)は、
父・理右衛門(時任三郎)と二人きりで自由奔放に暮らしていた。
山が乱されないよう、山に入った村人を脅して追い払っていた雷。
やがて村人の間で噂が広がった。「瀬田山には天狗がいる…」

斉道は瀬田村に向かう道中、御用人の榎戸角之進(柄本明)らが止めるのも聞かず、
一人「天狗の棲む山」へ馬を走らせる。
そこで斉道は雷に出会う。村に戻った斉道は助次郎に「女の天狗に出会った」と話す。
すると、助次郎が斉道に告げた。
「その天狗は、二十年前に誘拐された私の妹、遊に違いありません」

雷は村へ戻り、遊として生きた。
そして斉道と遊は、美しくも奇妙な巨木《雷桜》の下で再会する。
山の外を知らない遊は、“身分の違い”など意識せず、
まっすぐな気持ちで斉道に向き合う。
斉道にとって遊は、初めて“殿”という立場抜きに話せる存在となった。
互いに惹かれあう二人。しかし、周囲がそれを許すはずはなかった―。

男は愛する者のため、別れを決意する。
そのとき女は、命をかけた勝負に出る―。





思ってたよりも、とても好きな作品でした。
あまり普段時代劇風な映画は観ないんだけど、
ラブストーリーで、キュンとなって、自然と泣いてしまった場面が結構あった。
昔は、それが定め、と諦めなくちゃいけない恋がいっぱいあったんだろうな。

蒼井優ちゃんはやっぱり素敵な女優さんですね。
どんな役もこなしてしまう。
蒼井優ちゃんと岡田将生くん、2人が爽やかなのと
景色も桜もとても綺麗でした。

遊と理右衛門、斉道と榎戸、
それぞれの関係や、思う気持ちもすごくじーんとしました。

主題歌も好きです。
スポンサーサイト

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。