MiLK JAM.

ARTICLE PAGE

-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
25 2010

運命のボタン

運命のボタン [DVD]運命のボタン [DVD]
(2010/10/22)
キャメロン・ディアスフランク・ランジェラ

商品詳細を見る


ある日の明け方、ノーマとアーサー夫妻のもとに見覚えのない箱が届いた。
箱の中には赤いボタン付きの装置が入っていた。
その日の夕方、スチュワートと名乗る謎の人物がノーマを訪ね、驚くべき提案をする。
「このボタンを押せば、あなたは1億円を受け取る。
ただし見知らぬ誰かが死ぬ…」。ノーマとアーサーは道徳的ジレンマに陥るものの、
生活が苦しいこともあり、結局ボタンを押してしまう。
が、それは想像を遥かに超えた事態の始まりだった。
果たして2人の運命は!?


ボタンを押せば1億円。
その代わり知らない誰かが死ぬ。
どうするの!?
押すの?押さないの?
で最後まで引っ張っていく内容とおもいきや・・・
意外と最初に押してしまってびっくり。

でも、押してしまってからの展開がすごい。
ただのサスペンスではないのです。
SFな部分もあったり。
でも正直よくわかんなかったな^^;
結局、そんなよくわからんボタンを押しちゃダメだってば、
ってことなんだと思う。

最後の究極の選択は、かなり厳しいです。。。
ボタンを押してしまったのだから、仕方ないけど、
究極の選択を迫られたアーサーは、押してないんだからかわいそうな気もする。。。
スポンサーサイト

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。