MiLK JAM.

ARTICLE PAGE

-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
25 2010

ミッシング 〜消された記憶〜

missing.jpg
ミッシング~消された記憶~ [DVD]

監督: デヴィッド・オーバーン
CAST:シガーニー・ウィーヴァー、ケイト・ボスワース、アレッサンドロ・ニヴォラ

3歳の娘が突如行方不明となり、失意の人生を過ごしていたジュリア。
16年後のある日、彼女はルイーズという若い女性と出会う。
ルイーズに失踪した娘の面影を見たジュリアは…。

可愛い3歳の娘と公園で遊んでいて、
ちょっと目を離した間に娘はいなくなってしまい、
そこから一気に16年の年月が流れるところから始まるお話。

娘の事件からジュリアの生活は一変。
悲しみに暮れ、家族とも離れ、1人で仕事一筋で生活する姿が切ないです。

そんな時、たまたまカフェでルイーズと出会い、
いろんな意味で放っておけないルイーズを
一緒に住ませて2人の生活が始まるのですが、
色々な出来事の中、ジュリアはルイーズが
16年前にいなくなった娘なんじゃないかと思い始める。
なんの確証もないんだけど・・・。

ルイーズももしかしたら母親では・・・?
って思い始めたのか、
それとも知ってて近づいたのか・・・。
うーん・・・と考えちゃうお話。

結局最後までこれ!っていう決まったラストはないんだけど、
結局のところどうだったんだろうなぁと思うんですが
ルイーズが娘であってほしいなと願う気持ちでした。

息子も立派に成人し、素敵な人と結婚し、
母親としては肩の荷がおりるはずですが、
やっぱり16年前のことをずっと引きずりながら生きている姿が切なかったですが
ルイーズと出会い、女同士としても生き生きして、
母と娘みたいな関係を楽しんでる姿も、本当に幸せそうだった。

淋しさを埋めるように
深夜同僚の家に行っちゃったり、
デートしたりする姿もリアルな女性って感じがしました。

いなくなってしまった我が子を探して・・・
っていうお話ではなく、サスペンスって言う感じでもない。
なんていうか人間同士のドラマな作品です。
スポンサーサイト

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。