MiLK JAM.

ARTICLE PAGE

-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
26 2010

サヨナライツカ

サヨナライツカ [DVD]サヨナライツカ [DVD]
(2010/06/25)
中山美穂西島秀俊

商品詳細を見る


1975年、灼熱のバンコク。
金・美貌・愛に不自由なく暮らし、“愛されること”を求め生きてきた沓子は、
ある日、夢に向かって真っすぐ生きるエリートビジネスマン・豊と出逢う。
ふたりはたちまち魅かれ合い、熱帯の夜に溺れていく。
しかし、豊は結婚を目前に控え、日本に婚約者がいた。
期限ある恋、かなわぬ恋だとしても、自分は彼を愛し続ける…。
沓子は、愛することこそが本当の愛だと気付いてしまった。
そしてふたりは25年後のバンコクで、運命の再会をするが――。
人は死ぬ前に、愛することを思い出すのか、
愛されることを思い出すのか――
バンコク、東京、ニューヨーク。一瞬の熱情が、25年の時を超え、一生の愛になる。
映画館に行って観たかった作品だったので、
早速レンタルになって借りてきました。

実際、豊には婚約者がいて、
その事も知りながら、沓子は豊に近づき、
2人の愛は止まらなくなるんだけど、
もー酷いじゃん!って現実的に考えたら思っちゃう^^;
どうしても奥さん側の立場で見てしまうんですね^^;

でも、実際どんな状況でも
止められない気持ちもあるのかもしれないし・・・。
非現実的な感じがして、入り込めなかったあたしは
気持ちが大人ではないのかも・・・><

あと、原作を読んでないせいか、
いまいち沓子がどんな人なのかとかわからなかったな。
生活感がまるで感じられない雰囲気で・・・。

ラストが綺麗すぎて、
やっぱり現実味が感じられなかったので
入り込めなかったのかもしれません。。。

にしても、中山美穂、久しぶりに見たけど、
やっぱり綺麗だなぁ。
小学生の頃、大好きなアイドルでした。
西島さんも素敵だった。

「サヨナライツカ」の詩がすごくよかったです。

人は死ぬ前に、愛することを思い出すのか、
愛されることを思い出すのか――

正直言えば、自分なら
愛したことも、愛されたことも、両方思い出したい。
っていうのは贅沢でしょうか?



主題歌もぴったりでじーんとする。
ALWAYSALWAYS
(2010/01/20)
中島美嘉

商品詳細を見る





よかったらポチッとしてやって下さると嬉しいです♪
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。