MiLK JAM.

ARTICLE PAGE

-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
25 2009

ダイアリー・オブ・ザ・デッド

ダイアリー・オブ・ザ・デッド [Blu-ray]ダイアリー・オブ・ザ・デッド [Blu-ray]
(2009/04/24)
ミシェル・モーガンジョシュ・クローズ

商品詳細を見る


山の中で卒業制作のホラー映画を撮影していた、ジェイソンら映画学科の大学生たち。
そこに、世界各地で死者が蘇っているという、衝撃ニュースが流れてくる。
撮影を切り上げ、キャンピングカーでそれぞれの故郷を目指す彼らの前に、
蘇った死人が人々を襲う、信じられない光景が現出。
ドキュメンタリー監督志望のジェイソンは、全てをカメラに収めようと決意。
ニュースが錯綜する中、YouTubeには断片的な衝撃映像が次々にアップされていた。
この惨劇を後世に伝えるという使命に燃えるジェイソンだったが、
学生たちは一人また一人と犠牲になっていく…。


「REC」みたいに、ホームビデオで撮ったような
ドキュメンタリー的映画。
主観映画っていうらしいです。
監督はホラー界の巨匠/ジョージ・A・ロメロ。

そんなに怖いってほどではなかったけど
あたしは「REC」の方が好きでしたが、
でもこの映画に出てくるジェイソンのように、
今の状況を映像に残したいっていう気持ち、
わからなくもないけど、あたしなら撮ってる場合じゃないな^^;
自分の身を守るので精一杯になるはず。。。

でも、確かにどんな悲惨な状況に遭遇しても、
それを映像となって見てしまうと、他人事のように思えてしまうのも
それはそれで怖い。。。
人は残虐とか、そういう状況を見るのはだれでも嫌だけど、
この作品で言ってたとおり、大きな事故が起きていたら
つい立ち止まってみてしまうし、近くで火事が起きていたら
なぜか見てしまったり・・・。
怖いものみたさなのだろうか。

こんな世界になったら・・・って映画だけだから、ないんだろうけど
もしなったら怖いですね。
スポンサーサイト

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。