MiLK JAM.

ARTICLE PAGE

-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
09 2009

ブラインドネス

ブラインドネス スペシャル・エディション(初回限定生産2枚組) [DVD]ブラインドネス スペシャル・エディション(初回限定生産2枚組) [DVD]
(2009/04/03)
ジュリアン・ムーアマーク・ラファロ

商品詳細を見る


始まりは一人の日本人男性だった。
突然目の前が真っ白になり完全に失明する謎の伝染病は、
彼の発症を皮切りに爆発的な勢いで拡がっていく。
有効な治療法のない中、政府がとった政策は感染者の強制隔離だった。
次々と収容所に集められていく人々。
最初に失明した日本人とその妻、彼を診察した医者や売春婦、黒い眼帯の老人、幼い少年・・・。
そしてその中にただ一人"見えている"女がいた。
なぜか発症を免れたが、夫の身を案じて紛れ込んだ医者の妻だった。
収容所は軍によって厳しく監視され、食料や薬品の要求もままならず、
衛生状態も日増しに悪化していった。
感染者の不安はやがて苛立ちへと変わり、所内の秩序は崩壊してゆく。
生き残るのは果たして誰なのか―?


昨年はウィルスが広がる映画とかが多かった1年でしたが、
もしこんなウィルスが広がったら、恐ろしくて仕方ないですね。。。
みんな目が見えなくなるなんて。
しかも、感染者は収容所に監禁状態。
対応もすごく悪くて酷すぎる。
主人公の唯一うつらなかった女性がいなかったら、
どんなことになっていたんだろう、あの収容所・・・。


必ず支配しようとする悪いやつは出てくるし、
そんな時、女性って結局ははけ口に使われてしまうのでしょうか・・・。


映画だからって、安心できない、
実際に起きたら本当に怖いお話でした。
スポンサーサイト

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。