MiLK JAM.

ARTICLE PAGE

-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
01 2009

つみきのいえ

つみきのいえ (pieces of love Vol.1)つみきのいえ (pieces of love Vol.1)
(2008/10/24)
長澤まさみ

商品詳細を見る


まるで「積み木」のような家。
海面が、どんどん上がってくるので、
家を上へ上へと「建て増し」続けてきました。
そんな家に住んでいるおじいさんの、家族との思い出の物語。


第81回アカデミー賞 短編アニメーション賞受賞。
ということで、観てみたかった作品。
短編アニメーションだけあって、本当に短い作品ですが、
その短い中に、いっぱいいろんな思いが詰まってて、思わずぐっとくる作品でした。
あたしは最初にナレーション付きを観てしまったのですが、
ない方を先に観て、いろんなことを想像したり、自分なりの解釈をするのもいいんじゃないかなぁと思います。
っていうか、多分ナレーションなしを先に観た方がいいかもしれません。

おじいさんは、大切なおばあさんとの思い出や
娘さんたちとの思い出を、この大きく積み上げられた家に
いっぱいこめている。 
沈んでいく一つ一つの部屋が、とても大切なんですね。

こういう素敵な思いは、やっぱり世界共通で伝わるんだなぁって思いました。
雰囲気も優しくて、とても癒される作品でした。
スポンサーサイト

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。