MiLK JAM.

ARTICLE PAGE

-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
10 2009

クライマーズ・ハイ

クライマーズ・ハイ デラックス・コレクターズ・エディション [DVD]クライマーズ・ハイ デラックス・コレクターズ・エディション [DVD]
(2009/01/01)
堤真一堺雅人

商品詳細を見る


群馬県,北関東新聞社。地元が現場となった,
航空機事故の全権デスクに任命されたのは,
組織から一線を画した遊軍記者・悠木和雄(堤真一)だった。
モラルとは?真実とは?新聞は<命の重さ>を問えるのか?
プレッシャーに押しつぶされながらも信念を貫き通そうと
必死にもがいた悠木が見たものは?
これはあの暑かった夏をひときわ熱く駆け抜けた
新聞記者たちによる濃密な日々の記録である。


堤真一、堺雅人・・・など、大好きな俳優さん揃いで、
とっても見ごたえのある作品でした。
140分と結構長いんだけど、でもあっという間に終わった感じ。
それくらい引き込まれてしまう。
内容ももちろんいいけど、やっぱり出演してる俳優さんたちの力だろうな。
脇を固める役者さんたちもすっごく素敵な人ばかり。

普段わからない、新聞記者たちの裏側。
毎日の新聞を作るのに、どれだけの労力を要してるのか。
命がけで国民に今を伝える人たち。
すごいの一言でした。

にしてもやっぱり堺雅人さん、素敵すぎ★
どの作品を見ても、やっぱり光っています。
堤さんは昔から好きですが・・・★
スポンサーサイト

- 4 Comments

有由  

カメピからお邪魔しました♪

ぬぬ!! 映画観で観ました♪話題性が高く 前評判がよかったから
期待しすぎて (堺雅人さん、私も以前から好きです☆)
男の職場での情熱やぶつかりあいは よかったけど
観終わった感想はDVDでよかったかも・・・でした(汗)
なんでも期待しすぎると・・・ときどきやってしまいます;子どもと一緒で
おはずかしいかぎり。。。

2009/01/11 (Sun) 05:07 | EDIT | REPLY |   

hiro*  

有由さんへ♪

おお!
映画館で観たんですね!
確かに映画館で見るには、うーん。な感じでしたね。
長いし、家でゆっくり観たい作品かも!
基本的に邦画は、映画館で上映してる時に観に行きたいなぁとは思いつつ
なんか躊躇しちゃいます
見終わったら家でゆっくり観た方がよかったっていうのが多いから
観る作品によるんでしょうけど・・・
今まで映画館で観てよかったと思えたのは
海猿くらいかも(´;ω;`)

堺雅人さん、いろんな演技ができて
素敵ですよね

2009/01/11 (Sun) 10:26 | EDIT | REPLY |   

カオ  

是非、原作もっ!!

映画を観ていないので、説得力がないかもしれませんが・・・
この作品は映像化には、向いていない原作だと思います。

作者の横山秀夫が新聞記者時代に経験したことが物語りになってるわけですけど、非常に質の高い文章力で見事に描写されています。

最近、『流星の絆』など原作とかけ離れた脚本をして、なんかシラーっとすることが多かったので、映像化がその原作をダメにしてしまうと思っている私です(笑)。

ハリーポッターを映画で観るか、原作を読むかみたいな感じでしょうか(爆)。

是非、原作も読んでみてくださいねー。

2009/01/11 (Sun) 14:16 | EDIT | REPLY |   

hiro*  

カオさんへ♪

うーん。
確かに原作を先に読んだりすると
映像化されたものに違和感感じちゃいますよねー
最近のドラマとかはほとんど漫画や小説が
原作だから、原作がスキな人にとっては、映像化されたものはダメっていうものが多かったりするし

あたしは逆にこの作品は原作を知らないので
なんとも言えないけど、
原作を知って観たら、全然ダメなのかもしれない
あたしも映画が初めてだからなんとも言えませんが
漫画や小説って、自分の中でイメージが出来上がってることが大きいから
映像化されたのを観ると、違和感感じちゃうのかな。

ハリーポッターは、原作も映画も見たことがなかったり
なんか見る気持ちになれなくて今に至ります

2009/01/11 (Sun) 23:01 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。