MiLK JAM.

ARTICLE PAGE

-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
08 2008

砂時計

砂時計 スタンダード・エディション砂時計 スタンダード・エディション
(2008/11/07)
松下奈緒夏帆

商品詳細を見る


14歳の水瀬杏(夏帆)は、母・美和子(戸田菜穂)と父・正弘(風間トオル)の離婚により
母の実家・島根県に東京から移り住むことになった。
当初は田舎独特の雰囲気と祖母・美佐代(藤村志保)に馴染めなかった杏だったが、
近所に住む同い年の大悟(池松壮亮)や藤(塚田健太)、
藤の妹・椎香(岡本杏理)たちと出会い、
少しずつ自分の居場所を見つけることができた。
そんな中、人生に疲れ果ててしまった母、美和子が杏を残して自殺してしまう。
悲しみと後悔に暮れる杏を大悟は「おれが、ずっと一緒におっちゃるけん」と力強く抱きしめるのだった・・・。

あれから12年。様々な出来事を経て、
26歳になった杏(松下奈緒)は婚約者の佐倉(高杉瑞穂)と
東京で暮らしていた。
そして、祖母に結婚を報告がてら同窓会に出席するため、
数年ぶりにあの懐かしい故郷を訪れるのだった。
初恋の人・大悟(井坂俊哉)が住む島根に・・・。


ドラマが大好きだったせいか、やっぱり違和感ありましたが
でもドラマでは表現できないような、杏の心の闇をうまく表現できていてリアルだったと思いました。
ドラマは甘酸っぱい初恋っていう感じで、毎日キュンキュンしながら見てましたが、実際子供の頃に母親があんな形で亡くなった経験があるなら
普通は映画のような不安感や恐怖感に襲われて生きていってるのが当たり前な気がして。
でもやっぱり杏と大悟だなぁBrilliantって感じです音符
スポンサーサイト

- 2 Comments

ちゃろパパ  

no subject

砂時計・・・テレビシリーズの方見てました。
オヂサンなのに・・(笑)
あの名シーンの舞台となった、おっちょるけん神社にも行って写真撮ってきました(笑)
http://charokiss.exblog.jp/5904091/

2008/11/13 (Thu) 14:49 | EDIT | REPLY |   

hiro*  

no subject

ちゃろパパさん、ドラマの砂時計見てたんですか!?
あたしも・・・毎日ハマってました(笑)
中学・高校の大吾が好きでした♪

出雲大社でしたっけ?
あの神社・・・。
いいなぁーーー。
島根行きたいです!
サンドミュージアムとか行きたい!
杏の砂時計取り寄せてしまったくらいファンでした(笑)

2008/11/17 (Mon) 19:12 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。