MiLK JAM.

ARTICLE PAGE

-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
04 2008

ヒカリサス海、ボクノ船

ヒカリサス海、ボクノ船ヒカリサス海、ボクノ船
(2008/09/25)
仁科仁美深水元基

商品詳細を見る


弟の死きっかけに両親との間に深い溝がある女子大生の奈々子は、
幼馴染みの浩貴や親友の志穂、
少年・大介らの助け受けて辛い過去と向き合っていく。


全体的に重たい感じで話は流れていきます。
内容が内容だから仕方ないのですが・・・。

いつもなら、こういう感じの映画は途中で止めちゃうのですが
最後まで見てしまいました。
そして泣いちゃう場面もありました。

まだ子供だった主人公に重くのしかかる責任。
あたしはこれは親が娘を責めるべきではないと思うのです。
だっておねえちゃんは精一杯やったんだから。
忙しい親の代わりに、精一杯弟を守ったんだもの。

途中も後半も泣いてしまいました。

みんな人には言わないけど
何かを抱えて生きていて。


でも何気に見た後、松方弘樹の元奥さんと娘との共演っていうのを知りました・・・
そうだったのか。
スポンサーサイト

- 1 Comments

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2008/10/04 (Sat) 22:44 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。