MiLK JAM.

ARTICLE PAGE

-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
03 2008

クワイエットルームにようこそ

クワイエットルームにようこそ 特別版 (初回限定生産2枚組)クワイエットルームにようこそ 特別版 (初回限定生産2枚組)
(2008/03/19)
りょう内田有紀

商品詳細を見る



バツイチのフリーライター佐倉明日香は、目覚めたら真っ白な部屋で手足を拘束されて寝ていた。
彼女は閉鎖病棟の中でもやっかいな患者が入れられる“クワイエットルーム”にいたのだ。
この病院には、自分の髪を燃やしたり、拒食症で吐いたり、
何度も閉鎖病棟から出ようとしてはがい締めにされたりといろんなタイプの病んだ人がいた。
でも私はフツーなのに…。やってきた恋人に聞くと、
どうやらオーバードーズで倒れて運ばれたらしい。
睡眠薬の量が多すぎたのだ。明日香はずっと不眠症で、
それは離婚したときから始まっていた。いったい何があったのか?
彼女は閉鎖病棟から出ることができるのか?



なんだろう。
すごく重たい話しなんだけど
ズシンときてるのに、
ストーリー展開とかのおかげで
まだ楽しく見られたというか。
でも胸に残るのはやっぱり重たさとか寂しさ。

みんな孤独と闘ってる。
つらいけど前を向いて頑張る。

頑張らなきゃなって思いました。

話しの繋ぎがすごく絶妙!
だんだんと話しが繋がっていって
スッキリしながらもなんかズシンときちゃう。

内田有紀はやっぱ素敵だな。
宮藤官九郎もよかったし、
蒼井優とかりょうと妻夫木聡とか
ひそかに豪華キャストでした。
スポンサーサイト

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。