MiLK JAM.

ARTICLE PAGE

-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
17 2007

ブレイブストーリー

2006年/日本
監督:千明孝一
声優:松たか子, 大泉洋, 常盤貴子, ウエンツ瑛士, 今井美樹

11歳の平凡な少年ワタルは、ある日クールな転校生ミツルが
不思議な扉を開けて中に入っていくのを目撃する。
扉の向こう=幻界(ヴィジョン)へ行けば、
一つだけ願いが叶うのだとミツルはいう。
そんな折、ワタルの父が失踪し、母は心労で倒れてしまった。
家族を再生させるべく、ワタルはその扉を開けるのだが…。


ずっと見ようかどうしようか迷ってたのですが
この間買ってきて見ました。
原作の評判はよかったので、映画は?って思ってましたが、
いろいろと考えさせられる内容でした。

ワタルの家庭、ミツルの悲しい過去・・・
どれもまだ子供の彼らにとっては
とてつもなくつらいこと。

あんなにもつらい試練を
一生懸命乗り越えたのは、家族を元に戻したいため。

でも冒険の終わりにワタルが願った事は
なかなか普通ではできないことだと思う。

周りを不幸して、自分だけが幸せになんてなれない。

たくさんつらい試練を乗り越えてワタルが見つけたものは
ワタルが前に進めるための大きな勇気だった。

ただの冒険だけじゃなく、現代にもありえる
複雑な事件も絡んでいて、とても説得力がありました。

声優もすごくあってた。
松たか子のワタルの声が好きです♪
Aqua Timesの「決意の朝に」も、映画を見て改めて聴くとまたじーんとする。
スポンサーサイト

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。