MiLK JAM.

お気に入りの映画、音楽、本、写真などのこと・・・☆

-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
11 2016

セーラー服と機関銃 - 卒業 -

sera.jpg

監督: 前田弘二
出演:橋本環奈、長谷川博己、安藤政信、大野拓朗、宇野祥平、武田鉄矢

かつて弱小ヤクザ・目高組の組長をつとめ、
伯父を殺した敵を機関銃で襲撃する事件を起こした18歳の少女・星泉。
目高組が解散してからは、商店街の「メダカカフェ」を切り盛りしながら
普通の女子高生として平穏な毎日を過ごしていた。
ところがある日、モデル詐欺に巻き込まれた友人の相談を受けたことから、
彼女の周囲に再び不穏な空気が漂いはじめる。

26 2016

信長協奏曲

nobunaga.jpg

監督:松山博昭
出演:小栗旬、柴咲コウ、向井理
藤ヶ谷太輔、水原希子、古田新太
濱田 岳、髙嶋政宏、山田孝之
でんでん、勝矢、阪田マサノブ
阿部進之介、北村匠海

戦国時代にタイムスリップした高校生・サブロー(小栗旬)は、
奇しくも同じ顔をした織田信長(小栗二役)と出会い、信長として生きることになってしまう。
はじめは逃げ腰だったサブローであったが、戦の惨状を目の当たりにするにつけ、
織田信長として生きる覚悟を決め、戦のない世をつくろうと思い始める。
歴史音痴のサブローは、史実を知らないまま、桶狭間、上洛、金ヶ崎、浅井朝倉との戦い……
と歴史通りのことを成して、ついに安土城を完成させた。
これで天下統一も間近と思った矢先、
ふと手にした歴史の教科書で自分(=織田信長)がもうすぐ死ぬ運命にあることを知る。
信長を狙う敵は多い。彼を怨んで暗殺の機を窺う秀吉(山田孝之)や、
彼に嫉妬する本物の信長・明智光秀(小栗旬)も虎視眈々と彼の寝首をかこうと狙っていた。
光秀は、自ら信長の座を手放したにも関わらず、恒興(向井理)をはじめとする家臣の信頼や
妻・帰蝶(柴咲コウ)の愛を勝ち得ているサブローに憎しみを抱くようになっていたのだ。
死が迫りくる中、信長は運命に抗い、生き抜こうと決意。
その思いの表
れとして、帰蝶との結婚式を企画する。
その場所は京都・本能寺。それを知った秀吉は、
光秀に本能寺で信長を討つことを提案するのだった…。
刻一刻と戦況は激しくなっていく。信長は歴史を変え、平和な国を築くことができるのか!?
1582年、本能寺で彼を待ち受けるものとは…?
10 2016

アーロと少年

aaro.jpg

監督:ピーター・ソーン

3きょうだいの中でも体が小さな末っ子アーロは、

甘えん坊で臆病な性格のため、常にみんなにからかわれていた。

アーロは体が大きい兄や姉たちに少なからず劣等感を抱いていたが、

両親の深い愛情に包まれてすくすくと育っていく。

だが、ある日、アーロは川の急流にのまれ、

たった一人で見覚えのない場所にたどり着き……。


10 2016

永遠の0

51bo4b0JtKL.jpg

監督:山崎 貴
出演:岡田准一、三浦春馬、井上真央
濱田 岳、新井浩文、染谷将太、三浦貴大、上田竜也、吹石一恵
田中 泯、山本 學、風吹ジュン、平 幹二朗、橋爪 功、夏八木 勲

司法試験に落ちて進路に迷う佐伯健太郎。
祖父とは血の繋がりがなく、血縁上の祖父が別にいることを知った彼は、
太平洋戦争で零戦パイロットだった実の祖父・宮部久蔵のことを調べ始める。


05 2016

orange

orange.jpg

  • 監督: 橋本光太郎
  • 出演:土屋太鳳、山﨑賢人、竜星涼、山崎紘菜、桜田通

高校2年生の春、菜穂に届いた手紙。
それは10年後の自分からのものだった。
書かれていたのは、転校生の翔(かける)を好きになること。
翔が一年後には死んでしまっていること。
そしてその未来を変えるためにやるべきこと。
初めはイタズラかと思ったが、
書かれていることが次々と起こっていく。
なぜ翔を失ってしまったのか?
26歳の自分と同じ公開を繰り返さないためにはどうすれば?
動き出す、未来を知った菜穂の運命を変えていく日々。
その先にある、暖かくも切ない<結末>とは――?



05 2016

6才のボクが、おとなになるまで

6year.jpg 


監督: リチャード・リンクレイター
出演: パトリシア・アークエット, イーサン・ホーク, エラー・コルトレーン, ローレライ・リンクレイター

メイソンは、テキサス州に住む6歳の少年。
キャリアアップのために大学で学ぶと決めた母オリヴィアに従って、
姉サマンサと共にヒューストンに転居した彼は、
そこで多感な思春期を過ごす。
アラスカから戻って来た父メイソンSrとの再会、
母の再婚、義父の暴力、そして初恋。
周囲の環境の変化に時には耐え、
時には柔軟に対応しながら、
メイソンは静かに子供時代を卒業していく。
やがて母は大学の教師となり、
オースティン近郊に移った家族には母の新しい恋人が加わる。
一方、ミュージシャンの夢をあきらめた父は保険会社に就職し、
再婚してもうひとり子供を持った。
12年の時が様々な変化を生み出す中、
ビールの味もキスの味も失恋の苦い味も覚えたメイソンは、
いよいよ母の元から巣立つ日を迎えることに・・・。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。